川崎市中原区の山寺行政書士事務所です。各種許可申請、遺言・相続などお気軽にご相談ください。

風俗営業

  • HOME »
  • 風俗営業

特定遊興飲食店営業許可の新設(平成28年6月23日施行)

1.特定遊興飲食店とは?

  1. 深夜営業をする(午前0時~午前6時の間に営業をする)
  2. お酒を伴う飲食を提供する
  3. 遊興をさせる

※上記3つすべてに該当する場合に「特定遊興飲食店営業」に該当します。

2.遊興にあたる具体例

  1. 不特定の客にショー、ダンス、演芸その他の興行等を見せる行為
  2. 不特定の客に歌手がその場で歌う歌、バンドの生演奏を聴かせる行為
  3. 客にダンスをさせる場所を設けるとともに、音楽や照明の演出を行い、不特定の客にダンスをさせる行為
  4. のど自慢大会等の遊戯、ゲーム、競技等に不特定の客を参加させる行為
  5. カラオケ装置を設けるとともに、不特定の客に歌うことを勧奨し不特定の客の歌に合わせて証明の演出、合いの手等を行い、又は不特定の客の歌を褒めはやす行為
  6. バー等でスポーツ等の映像を不特定の客に見せるとともに、客に呼び掛けて桑園島に参加させる行為

※遊興にあたるか否かの判断基準の一つとして、「お店側が積極的に遊興に関与するかどうか」が重要なポイントになります。

3.許可を取得する上でのポイント

  1. 営業可能な地域であるか
  2. 客室の床面積は1部屋33平方メートル以上あるか
  3. 客室に見通しを妨げる設備はないか
  4. 客室の照度が10ルクス以上あるか

 

風俗営業の種類

1.下記1号から8号に該当する営業

1号営業   キャバレー等 〈ダンス+接待+飲食〉

2号営業   キャバクラ等 〈接待+飲食〉

3号営業   ナイトクラブ等 〈ダンス+飲食〉

4号営業   ダンスホール等 (ダンス〉

※5号・6号はほとんど該当がないため省略します。

7号営業   パチンコ・パチスロ・マージャン店

8号営業   ゲームセンター・ダーツバー

2.深夜酒類提供飲食店
バーなど 〈客の接待はできませんが、24時以降も営業できます。〉

3.性風俗関連特殊営業
ソープランド・ファッションヘルス・ラブホテル・出会い喫茶・デリヘル・テレクラ等

 

風俗営業許可の要件 〈1号から8号〉

 

1.人的要件
「許可を取り消されてから5年を経過しない者」等、特定の欠格要件に当てはまると許可が受けられません。

2.構造設備要件
「客室床面積」、「客室の明るさ」、「見通しを妨げる物の有無」等の基準に適合しないと許可が受けられません。

3.地域要件
「住居専用地域ではないか」、「近くに学校や病院等はないか」等の基準に適合しないと許可が受けられません。

申請の流れ

1.営業をする予定の物件が、営業できる場所なのか、店内の構造等は要件に適合しているか等をチェックします。

2.申請書に事務所平面図・周囲の見取り図・用途地域図等を添付して、警察に申請します。

3.所轄の立ち入り検査が行われ、営業所の寸法・明るさ・客室内の見通し等をチェックされます。

4.問題が無ければ、通常55日ほどで許可の通知が来ます。

※飲食物を提供する場合には、飲食業の許可(保健所)も必要です。その場合には、飲食業の許可申請を先にしなければ、風俗営業の申請はできません。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

電話・メール相談無料!お気軽にお問い合わせください TEL 044-819-7056 受付時間 9:00〜20:00(土日も対応)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

モバイルアクセス

モバイル端末で下記のQRコードを読み取るとサイトにアクセスできます
Copyright © 川崎市中原区 山寺行政書士事務所 All Rights Reserved.